【絵だけで読める!】画力が高い・絵が綺麗な漫画を勝手に厳選!!

独断と偏見で勝手に厳選!

あらすじとか「ここが素敵!」なんてところを細かくうるさく紹介してます(笑)

気楽にどうぞ(´∀`)

スポンサーリンク




1.バクマン。小畑健、大場つぐみ(完結)

デスノートやヒカルの碁がとても有名です。バクマンも小畑健先生の代表作の一つです。

絵の才能を持つ真城最高と小説で賞をとるほどの文才、高木秋人がそれぞれの武器を活かしコンビを組み漫画家を目指すストーリー。

恋愛要素やライバル同士との駆け引きなども魅力的です。一見漫画を描き続けるという短調になりそうな題材ですが、様々な視点から見せてくれるので飽きません。

漫画の編集部内部も事細かに描かれているため、漫画の裏事情等も知れて面白いです。「そういう仕組みなのか!」と思うことも多かったです。

そしてなんといっても絵が上手くて綺麗です。週刊でよく連載していたなと思うほどの細かい描写で、正直絵を見れいるだけで私はとても有意義でした。

デスノートでの絵柄はどちらかというと青年誌よりの絵柄でしたが、バクマンは今時の絵柄を取り入れて少年誌っぽい絵柄で、でも青年誌っぽさも残したハイブリット型というか、なんというか、、、説明が難しいです!とにかく見てみてください!!

個人的には7巻あたりまでの絵柄が好きです(笑)最終話に近づくにつれ全体的に絵柄がディフォルメされていきます。上手なことに変わりはないので、その変化も楽しみの一つだと思います!

2.僕のヒーローアカデミア 堀越耕平(連載中)

『個性』という名の特殊能力を持った赤ちゃんが生まれた。そこから個性を持つ人口は増えていき、『個性』が当たり前になっていく。そんな世界では個性を犯罪や悪事に使う者が現れる、それと同時に悪党と対峙する存在『ヒーロー』が生まれる。やがてそれらも当たり前になり、、、そんな中でヒーロー夢見る『無個性』の緑谷出久が一人のヒーローに憧れ、立派なヒーローになるまでの物語。

熱いバトルが多く、ただ殴りあうのではなく個性を生かしたバトルや心理戦などが魅力的です。

ヒーローアカデミアと言うだけあって学校に通います。その中で出会った仲間たちとのやりとりや個性豊かなキャラクターが数多く描かれていてオススメです。

なんといっても堀越先生の描く女の子が可愛いんです(笑)それでいて男の子はめちゃくちゃカッコイイです(笑)

画力が高くキャラクターを動かすのが上手なので見ていて飽きませんが、カラー絵になるともっと魅力的です。

以前まではイラスト投稿サイト『ピクシブ』に挙げていて楽しみにしていたのですが、いつの間にかなくなってしまいました(´;ω;`)ですが、Twitterではたまにイラストをあげていたので是非見てみてください。他では見れないイラストだったと思います。

アニメ化もされていて、今年4月から第3期が始まりますし、映画化も決定した作品になります。

3.D.Gray-man 星野桂(連載中)

AKUMAは「機械」と「魂」と「悲劇」を材料に生まれる、、人の弱みに漬け込みアクマを製造し続ける千年伯爵、生まれた時からアクマを倒すことのできる力を持つアレンウォーカーはエクソシストとなり千年伯爵と対峙する。

題材が題材ですので少しグロイです。それに加え画力が高いのでよりグロくなっています(笑)

この暗い雰囲気を漫画で伝えられるのはすごい技術だなと読むたびに関心してしまいます。エクソシストの仲間とのやり取りなど心和む場面もあるのでずっと暗い雰囲気ではなく読みやすいと思います。

カラーイラストはとても綺麗で、そのほとんどはコピックと色鉛筆で着色しているようです。(たまにパソコンらしい)

作品を読んでいても、そうでなくてもD.Gray-manの画集はとても鮮やかで読み応えがあり素晴らしいものでした。小畑健先生秋元治先生(こち亀が有名)との対談も内容の濃いものとなっていました!

ですが残念ながらその画集は絶版してしまいましたので中古で買うしかないようです、、(私も諦めて中古で購入しました)

体調を崩したりと休載が多くその度に絵柄がガラッと変わっていて、4、5回は変化していると思います。どの絵柄も魅力的です(´▽`)

ジャンプ⇒ジャンプスクエア⇒今ではジャンプスクエアクラウンで連載をしています。

4.明日ちゃんのセーラー服 博(連載中)

セーラー服を夢見る少女。セーラー服を着るために田舎の名門女子中学・私立蝋梅学園に入学をした明日小道。ゆったりとした学園生活ストーリー。

まずは博先生が描く女の子が可愛いのが一番の魅力です。

女子中学ですので、登場人物のほとんどが女の子です。分かりやすく表情に出てしまう主人公なので、どれをとっても表情が豊かで見ていて楽しいですし、和みます。

田舎が舞台となっていますが、田舎の空気感が伝わってくるコマの一つ一つは感動ものです(^-^)丸々ページを使ったり、言葉のないコマだったり、何気ない仕草に何コマも使ってみたりと読者の意表を突いてくるコマ使いは圧巻です。

表情も豊かですが、ポーズも色んな角度から描かれており、博先生に描けないポーズは無いんじゃないかと思わせる程のものです。

全体的に優しいタッチで描かれているのも魅力です。

馬鹿の一つ覚えみたいに絵を褒めまくっていますが、新しく始まった漫画の中でダントツにオススメする漫画です!!

博先生はTwitterで可愛らしいイラストを挙げていますので、覗いてみてこの絵が好き!ってなったら迷わずに買うべきだと思います!!

5.四月は君の嘘 新川直司(完結)

天才少年ピアニスト有馬公生は11歳の秋、母の死をきっかけにピアノのが弾けなくなる。そんな彼は中学生になり、友達の付き添いである少女に出会う。その少女宮園かをりは才能溢れるバイオリニスト。宮園かをりに振り回されながら、彼が自分と向き合っていく。そして前へと進んでいく、、青春ラブストーリー。

キャラクターそれぞれの心情表現がずば抜けて高いと思います。

表情ともう一つ、言葉の選びや読者への読ませ方がうまくスーっと心に響いている感じがとてもしました。

話の流れやコマ割りも上手くすんなり読むことが出来るのは本当にすごいと関心してしまいます。

アニメ化や実写映画化もされていて、アニメの方は特にクオリティが高いものとなっていました。

ピアノの弾き方からピアノに反射している手の写りこみまで描き込んでいるアニメはなかなかないと思います。漫画、アニメ共にオススメのできるものとなっています!

6.まとめ

結構有名どころが多かったと思います。こんな漫画知ってるわ!!と思わずに読んでくれた方、思いながらもなんだかんだで読んでくれた方、ありがとうございましたヽ(*´∀`)ノ

また素敵な漫画を見つけたら更新します!!

あなたのおすすめ漫画是非教えてください!お願いしますm(_ _)m

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする